当院のコンセプト

マッサージ屋さんに行く人は

施術者から次のような事をよく言われると思います。


「あなたの姿勢は右肩が上がっているから凝るんですよね」

「背中が丸くなっているから首が凝るんです」

「足を組んで身体が捻じれているから凝るんです」

「あなたの身体の不調はちゃんとした姿勢をとっていないから…」


確かにそれって不調の大きな原因です。


人間の身体はバランスで成り立っています。

例えるなら建物。

柱や梁を均等の長さで左右上下均等に建てていきます。


もし長さがバラバラだと建物が曲がって歪んでしまい、

一部分に負荷のかかる建物になってしまいます。


そうするとそこにひびが入ったり建物が壊れたりします。


それと一緒で、身体も一部分に負荷がかかったり

捻じれたりしているとそこが痛みます。


だからなるべく均等な身体の使い方や姿勢で

一部分に負荷をかけない事は大事なのです。


でも本当にそれだけでしょうか?


皆さんの周りにも同じような仕事をしている人、

見ただけで姿勢が悪い人は沢山います。


しかし人によってはあなたほどの辛さを抱えていなかったり、

痛みや辛さが無いという人さえもいたりします。


姿勢や歪みだけの問題なら皆、

同じ辛さなはずです。


なぜ人によって様々なのでしょうか?


そこには、内面の要因がプラスされるからです。


精神的な影響とあなたの生まれ持った体質(冷えや老廃物を溜めこみやすい)

の違いがあります。


そして身体の不調はそれらによる原因が

とても大きなウェイトを占めています。


東洋医学は病気の原因として内因(感情)という発想もあり、

個々の体質を見極めどういう症状が出やすいのかという事を診察します。


人間は無機質な機械の様な「モノ」ではありません。


感情があり常に体内では変化している

「活きモノ」で画一出来ない存在なのです。


だから西洋医学的な検査の数値や筋肉の

構造だけでは人間を語る事はできませんし、

それだけでは解決できない事がたくさんあります。


もちろん、解剖学、生理学を履修していますので、

人の身体がどのような構造になっているのかは把握していますが、

東洋医学では人間は自然と同一、大きくは宇宙と同一だと考えます。


自然の大気の様に常に変化する「活きモノ」。


だからその変化を診察し感じとることが大事なのです。


そしてそれが未病を治すことであり、

私たちがお役に立てる分野だと思います。


院へのアクセス

住所

東京都渋谷区広尾5-19-1テンカラットビル1F

電話番号

03-6277-4292

営業時間

10時~20時(水、木休み)